掛川市 龍尾神社 しだれ梅 紫陽花の花庭園 家内安全・商売繁盛・厄除開運・八方塞除・方災除け・鬼門除け・招運来福・交通安全・初宮詣・安産祈願・病気平癒・合格祈願
静岡県・掛川市
静岡県・掛川市 龍尾神社
静岡県・掛川市 龍尾神社 御由緒 年間神事 御祈祷 授与品 龍尾神社 社報
花庭園
よくある質問
交通アクセス リンク

龍尾神社 御祭神「素盞鳴尊すさのおのみこと」「櫛稲田姫尊くしいなだひめのみこと」「八柱御子神やはしらみこかみ」御末社「大己貴尊(疱瘡神社)」「倉稲魂尊(稲荷神社)」

御由緒 龍尾神社は掛川城の北東に位置する古社で、古くは「龍尾山牛頭天王」と称しておりました。掛川城の築かれた峰から連なる山脈を、この地を守護する龍になぞらえ、龍頭山・龍胴山・龍尾山と名づけ、鬼門にあたる龍の尾の山に当社は鎮座しております。龍尾山は城の攻守の要であり、かの天王山の戦では、徳川家康公が本陣をおいた場所としても知られています。 神社の創祀に関しましては詳らかではありませんが、延喜式内社の真草神社が当社であるとの説もあり、神宝である「真草」の社額がその関係を物語っています。鎌倉時代の書物に、「みな人も 深き願ひを 掛川の 龍の尾山の 神のみずがき」と龍尾神社を詠んだ和歌が見られることから、当時すでに現在の地に鎮座していたことが窺えます。また掛川城の築城に際して、旧城域に祀られた古い社を当社に遷宮合祀し、以来掛川城の守護神として、歴代城主のみならず、掛川藩の民や東海道を往来する旅人の信仰をあつめました。尚、現在の御本殿は江戸時代中期の掛川城主、小笠原山城守の御造営によるものです。その他境内には、城主太田備中守奉納の石灯籠や、獅子頭、木製瓶子など歴史的にも貴重な品々が伝わっております。

山内一豊公との関係
 山内一豊公が遠州掛川に封ぜられてから土佐国に入るまでの十年間、この地は大いに発展いたしました。寺社を大切にした一豊公の掛川城守護神、龍尾神社への崇敬は特に篤く、掛川でお生まれになり、後に二代目となる嫡子忠義公の氏神となさいました。
土佐国に国替えされた後の寛永年間、一豊公の志を継ぐ忠義公は使者占部兼里を掛川に遣わし、当社の御分神を高知城下に勧請、「掛川神社」と号して大切に祀りました。その折、山内忠義公より奉納された「蘇鉄」と「土佐の石」は社殿脇に現存し、山内家との縁を今日に伝えます。
二代目山内忠義公奉納の「蘇鉄」と「土佐の石」
静岡県・掛川市 龍尾神社
龍尾神社 鎮座地:静岡県掛川市下西郷84番地 電話0537-23-0228 FAX0537-23-0229
御祭神 素盞鳴尊 櫛稲田姫尊 八柱御子神 御末社 大己貴尊(疱瘡神社) 倉稲魂尊(稲荷神社)
Copyright(c)TATSUO JINJA. All rights reserved. 掛川市・龍尾神社